スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色を見分けるヒント ーまとめー

色を見分けるヒント、
3つのポイントにわたりご紹介してきました。

これら見分けるためのテクニックが自分のものになると
お買い物のときにも随分と自信がついてきます。

そのためには、やはり様々な色を見て試し、時には失敗しつつも
ゆっくり楽しみながらやっていく事が大切かと思います。

また、各タイプの特徴や共通点を知り、
他のタイプから自分のタイプとの共通点を引き出し、
それらもうまく使いこなすことで

私は「春」だから「これとこれだけ」
というようにひとつのカラータイプの枠のみに囚われることなく、

さらに広く無限で奥深いカラーの世界を楽しんでいただけたらと思います。んじ

色を見分ける際に、少しでもヒントとなったら幸いです。




ローズ2ご質問やご意見などありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせくださいローズ2

  。.:゚*:.。天然石アクセサリーKe-i。.:*゚:.。





スポンサーサイト

Step.3 クリアかグレイッシュか

ウォーム(黄みがかった色)かクール(青みがかった色)
ライト(明るい・薄い色)かディープ(暗い・濃い色)

の見分けがついたら、すでに4タイプの分類は可能ですが、
もうひとつのポイントを押さえるとさらに便利です。


それは、その色が、
クリアー(澄んだ色)かグレイッシュ(濁りのある色)か
という点。



クリアカラーが似合うのは、春タイプ冬タイプ
キラキラゴールドタイプピカピカプラチナタイプ

グレイッシュカラーが似合うのは、夏タイプ秋タイプ
マイルドシルバータイプマットブロンズタイプ

に分けられます。


では、澄んだ色・濁った色とは、
どのようにして見分けるとよいのでしょうか?


まず原色(純色)を想像してみましょう。

その原色に白または黒を混ぜたものクリアカラー(原色も含む)、
その原色にグレー(白と黒両方)を混ぜたものグレイッシュカラーです。
(これは、実際に絵の具で色を混ぜてみるととても分かり易いです)


さらに、
春タイプは原色に白を混ぜたもの
冬タイプは原色に黒を混ぜたもの(と原色それ自体)
夏タイプは原色に薄いグレーを混ぜたもの
秋タイプは原色に濃いグレーを混ぜたもの
が似合う傾向にあります。


これは、素材にも当てはまります。
クリアカラータイプは、光沢や艶のある素材が似合い、
グレイッシュカラータイプは、マットで紗のかかったような素材が似合う、
という傾向があるのです。


キラキラ最後はこれまでのヒントを使いこなすための「まとめ」です。



Step.2 ライトかディープか


ウォーム(黄みがかった色)かクール(青みがかった色)
の見分けがついたら、その色が

ライト(明るい)かディープ(暗い)かを見てみましょう。

*色彩学上、明度・彩度の特徴はさらに詳細に分類されています。
 
<ライト・ディープの特徴・キーワード>
ライト⇒ 明るい、淡い、薄い、浅い、柔らかい色
ディープ⇒暗い、濃い、深い、強い、さえた色


ライトカラーは、 春タイプ夏タイプ
キラキラゴールドタイプマイルドシルバータイプ

ディープカラーは、秋タイプ冬タイプ
マットブロンズタイプピカピカプラチナタイプ


に分けられます。


黄みがかった色でも、明るめのほうが春、暗めのほうが秋
青みがかった色でも、明るめ(薄め)のほうが夏、暗め(濃いめ)のほうが冬
という事になります。


例えば「赤」色の場合、
トマトかワインかどちらの色に近いか見分けたら、(←ウォームかクールか)
明るめのトマトなら春、暗めのトマトなら秋(←ライトかディープか)
という風に判断していくと、比較的分かり易く各タイプを見分けることができるわけです。



~ちなみに~
ライトタイプの方は、ボリュームの少ないデザイン、
ディープタイプは、ボリュームのあるデザイン、
が似合う傾向にあります。
(デザイン・イメージについては、
骨格や、他のどのタイプに影響を受けているかによっても変わってきますので注意が必要です)


キラキラ次は、「クリアかグレイッシュか」です。



Step.1 ウォームかクールか

パーソナルカラーの分類で、まずはじめに重要な要素となるのが

ウォームアンダートーンか、クールアンダートーンか、ということ。

つまり、黄みがかった色か、青みがかった色か、
および、温かみのある色か、冷たい(涼しい)色か、という点。


黄みがかったウォームアンダートーンは、春タイプ秋タイプ
キラキラゴールドタイプマットブロンズタイプ

青みがかったクールアンダートーンは、 夏タイプ冬タイプ
マイルドシルバータイプピカピカプラチナタイプ

に分けられます。


では、黄みのかかった色と青みのかかった色
どのようにして見分けるとよいのでしょうか

例えば「赤」と一口に言っても、
ローズレッドコーラルレッドワインレッド
茜色紅色えんじ色、などいろいろな赤があります。

そこで、ひとつの色を黄みか青みか判断するときに、
下記のうちどちらのほうに近いか
という風に考えてみると分かり易いです。


赤⇒トマトかワインか

黄⇒バナナかレモンか

緑⇒オリーブかもみの木か

青⇒ターコイズかマリンブルーか

紫⇒パンジーかブルーベリーか

ピンク⇒サーモンかさくらか


(どれも先がウォーム(黄み)、後がクール(青み))


これは、私が一番最初に受けたカラーのワークショップで
教えていただいたものの一部なのですが
それ以来迷った時には、このリストのどちらにあてはまるか
と考えるようにしています。


ぜひ参考にしてみてくださいキラリラ


キラキラ次は、「ライトかディープか」です。

色を見分けるヒント

Ke-iのアクセサリータイプ診断
パーソナルカラーの理論がベースとなっています。んじ

パーソナルカラーとは、
肌・瞳・髪等の色味などから似合うベストカラーを見つけるためのシステム
ごくごく簡潔に言うと、(かなり略してますが)
色の黄み・青み、さらに明るい・暗い(ソフト・ハード)、で春・夏・秋・冬の大きく4タイプに分類されます。

 明るい黄みがかった色が似合う⇒春キラキラゴールドタイプ
 明るい青みがかった色が似合う⇒夏マイルドシルバータイプ
 暗い黄みがかった色が似合う ⇒秋マットブロンズタイプ
 暗い青みがかった色が似合う ⇒冬ピカピカプラチナタイプ


ではここで、
黄みがかった明るいピンク、青みがかった暗い緑色、
を想像してみてください。



・・・どうでしょう? どんな色かすぐに思い浮かびますでしょうか?

パーソナルカラーの概念を知って間もないうちは、
実際にそれらの色をイメージに結びつけるのはなかなか難しいことですよね。


私が初めてパーソナルカラーに出会ったときも、
色彩学の知識も何もない、カラーの超ビギナーぴよぴよ

「クールアンダートーンでソフトなカラーが似合う」
という診断結果に、似合う色の特徴も頭では覚えたのに、
いざお店へ買い物に行くと、ディスプレイされた色の多様さに、
微妙な違いが見分けらず
戸惑ったものです。


そこで、
「自分のパーソナルカラーを知っているけど、色が見分けられない」
「Ke-iのアクセサリー診断を受けたので、素材の色の見分け方をもっと知りたい」
「パーソナルカラーについて知りたい」

などなどのカラービギナーの方に、
知っておくと便利な色の見分け方のヒント
掲載していきたいと思います。

次回より、色を見分けるために覚えておきたい3ポイント
1.ウォームかクールか
2.ライトかディープか
3.クリアかグレイッシュか


について、ひとつずつご紹介していきます。ハート


キラキラまずはじめは、「ウォームかクールか」です。


*できる限り効果的かつコンパクな内容を心掛けるため、
 理論上生じる例外や細かい部分は割愛しています。
 「目安・ヒント」としてこの情報を活用していただけましたら幸いです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。