スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験! 言葉は本当に7%しか意味をなさない??

前回のブログの中で触れました「メラビアンの法則」シャボン玉

これは態度や感情のコミュニケーションについて扱った研究で、

同じ言葉を発した場合、相手の受け取り方は、
話し手の視覚・聴覚情報に大きく影響され、
言語情報自身は7%しか影響しないという提唱です。

例えば、 「あなたのこと、とても怒ってる」 という言葉を、
”顔の表情(視覚)”、”声のトーン(聴覚)”を変えて発した場合に
相手は、どのように受け取るのでしょうか?じー


とにかくとにかく、私も実験してみました。・・・・・主人で

パターン1 

私 (楽しそうにニコニコ笑いながら、ソフトなトーンで)
   「あなたのこと、とても怒ってる」ウインク

夫 (つられて笑いながら呑気に)
   「えっ、何が~?」ニヤニヤ

パターン2 

私 (硬い怒りの表情に、低く力強いトーンで)
   「あなたのこと、とても怒ってる」怒

夫 (一瞬にして硬く恐怖の表情になり、焦った様子で)
   (自分は)また何を悪いことしたんだ??」がっくり

う~ん、「また」というところが気になりますが・・・(なんだかいつも怒られてるみたい??)

やはり顔の表情や声の調子というのは、
コミュニケーションの際にかなり大きな役割を果たしているようですね。

頭では分かっていても、実際に実験してみると
その反応の明瞭さに思わず楽しんでしまいました。
夫には、ごめんなさ~いニコッ♪

もちろんこれは極端な例(なおかつ同じ言葉を使った場合)で、
すべてのコミュニケーションに適応する法則ではありません。

しかし、話の内容にプラス、
視覚・聴覚レベルでの働きがけを意識することは、
相手に与える印象において、とても重要な要素のようです。

今回も前回に続き、あくまで印象に絞ったお話でした。

「あの人、印象は良いのに中味が・・・」などという事のないよう、

  キラキラLOVEBrilliant.外も中もBrilliantふるーつ☆Cultivation・ドキドキハートキラキラ

磨いていかなければ、と思います

スポンサーサイト

テーマ : アクセサリー全般 - ジャンル : ファッション・ブランド

第一印象は、やっぱり外見なの??

突然ですが、
「人から見た自分の印象・雰囲気」をご存じですか?

特に初対面の人と出会ったときに
与えている印象というのは、どんなものなのでしょう

そもそも私たちは、初めて誰かと会ったとき、
どのような要素から、その人の印象を判断しているのでしょうか?

・・・顔つき、清潔感、服装、雰囲気、ファッション、
話し方、声のトーン、話すスピード、話の内容、身振り、
はたまた感覚や直感・・・などなどいろいろありますが、

第一印象は、会って数秒で決まる と言われていますnico

また、有名なメラビアンの法則では
同じ内容の言葉を伝える場合に、人に与える印象・感情について、

視覚情報が55%(外見的な部分など)、
聴覚情報が38%(話し方やスピードなど)、
そして言語情報はわずか7%(話の内容)、
と言われています。
*この法則は「同じ内容の言葉」を発した場合の違いについての研究ですので、
全てのコミュニケーションには当てはまらないという説もあります


いずれにしても、外見的な要素というものは
特に「初対面の人に与える印象」という部分では
大きな影響力があると言えそうです。
(もちろん、人間は中味大事・・・ですよネ

自分自身がどうように見られがちなのかを客観的に自覚していると、
ファッションでも自分のイメージを意識的にコントロールすることもできるようになります。

例えば、日々のシーンや目的に合わせて、
自分の持ったイメージを引き立たせるファッション、
または、持った印象を抑え、出したいイメージをを工夫したファッションをする、
というような自己プロデュースも。。。

そのためには、カラーリストやイメージコンサルタントなどの、
プロの診断や助言を受けることが近道となるかもしれません。

また、Ke-iアクセサリータイプ無料診断も、
そんな自分らしさづくりをプラスにするヒントに少しでもなれたらうれしく思います

自分スタイルづくりを自由自在に楽しめ、
TPOに合わせ、第一印象まで演出できる・・・
そんな自己表現ができたら、とても素晴らしいことですねローズ2

テーマ : アクセサリー全般 - ジャンル : ファッション・ブランド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。