スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ、やっぱりいいわ♪

ずっと前から欲しいなと思っていた鉄製フライパン。

手入れが大変そう、とか
焦げ付きやすそう、とか

使いこなせないような気がして
なんとな~く踏ん切りもつかなかったのだけど

調べてみるとそう大変でもなさそう、という事が分かったので
買ってみました!


Eisenpfanne

・・・すっごい、いいですね!!

心配していたお手入れのほうも、
たいした手間ではなく。

なんといっても・・・
「おいしいよ~!!」

卵焼きとか、
フライパンをようく熱して、
卵を溶き入れたときの「ジュウっっ」という
なんとも言えない気持ちの良い音!

「あ~~、これこれ!これなのよっ!!」って感じ。

チャーハンも、炒め物も、
お焦げ具合といい、熱の伝わりといい、
料理しててホントに気持ちいい。

30ユーロもしなかったけど、
今はWMFの圧力鍋よりも、ル・クルーゼの鍋よりも何よりも、
一心に私の寵愛を受ける調理道具となりました♪

贅沢を言えばあとは「火」で料理したい、かな・・・。

これでギョーザ作らねばっ!



スポンサーサイト

ZZZ.....

ご無沙汰しております。。。

栄養学の学校が終わり、気が抜けた状態で息子の秋休みを迎え
さらにパソコンが故障して、
ボケボケ&アナログな日々を送っておりました。

そんな中、時々ブログを覗きに来て下さった方
更新してなくてごめんなさい。


さて、最近は。


なんだか同じ傾向のものが食べたくなって
こんなものを作ってみたり。。。

OyakiMitarashi
 野沢菜おやき                     みたらしだんご

Jagamochi
もちもちじゃがだんご



オフィスの整理をしたり。。。
 断捨離(ダンシャリ)してます。


あ、そうそう
先週末、主人がまたもやフランクフルトマラソンに参加し
去年より少しタイムを縮めての完走を果たしました。

FRAMarathon2010
28キロ地点。主人を追いかける友人と息子


また、栄養・健康に関しての別ブログを立ち上げるため
現在準備中です。

「こんなテーマを扱ってほしい」とか
「この事について知りたい」などなどありましたら、
コメント欄やメールなどでぜひお気軽にお知らせくださいね~

た~だいまっ♪

夏休みの日本帰省から戻ってまいりました。

いつもの如く、いろいろイベント盛り沢山で、
長く居たのにあっという間な滞在でした。

今回は息子が日本の小学校へ体験入学させていただいて、
親子ともども素晴らしい経験となりました。

息子は、ドイツではまだ小学生ではなく
こちらの夏休みが終わる来週から晴れて小学生。

ちょっぴり順序が逆のはじめての経験に、
息子なりに漠然とした不安があったようだけど、
クラスのみんなの優しさと明るさに救われて
あっっっという間に慣れてしまった息子。


子供の柔軟性には本当に感心させられます。
親が子供の成長度合から取り残されているのかも・・・

通学に徒歩25分かかる学校までの道のり、
ひとりで行くことができるのか、ちゃんと帰ってこられるか心配で
はじめの数日は送り迎え(というか離れた場所からつけて行った感じ)したものの
本人はクラスメート達と楽しそうに登下校。
頼もしくなったなぁ~



私のほうも、新しい出会いもあったり、家族や友人たちと会ったりと、
楽しく過ごさせてもらいました。

帰省する度ほぼ毎回飲み会をしてもらう大学時代の友人達。
彼らと会うと、本当に心から楽しく、温かく、すがすがしい気持ちになる。
私達がギャーギャー言い合っている姿を見て、夫はいつも
「ほんとに信じられないほどいい仲間だね。」と言ってくれる。

留学時代に一緒に暮らし、時にはケンカしたりとことん話し合ったりバカやったりしながら
若いながらも一生懸命考えてそれぞれが成長してきたから、信頼関係が出来上がっているのかな。

って、ちょうど一年前の帰省でもそんなコト感じてブログに書いたっけ


さらに今回の帰省では息子にはじめての異変が。

彼の祖父母(私の両親)と駅でお別れの時、
ポケットからハンカチを取り出して泣き始めた息子。
別れてからも、電車の中でハンカチで目を押さえしばらくメソメソしていた。

帰る前日も、日本で新しく出来たお友達との写真を眺めながら
悲しそうな表情をしていた彼。
「ドイツへ戻る→会えない→悲しい」
という感情が心の中に芽生えてきたんだね。

これは今までの幼稚園時の子供の頃にはなかった事。

温かく接し、関わっていただいた全ての方々に心から感謝です


いろんな意味で子供の成長を感じた夏でした


失くした宝の発見!?


小さいお子さんをお持ちの方はよくご存じとは思いますが、
うちの息子も毎日のようにいろいろ拾っては
ズボンや上着のポケットや、リュックサックなどに入れて帰ってきます。

だいたいが、幼稚園の庭でひろった石や貝殻やタイルに木の実、木の枝などなど。
特に石は、まぁよくいろんな形のものを拾ってきます。

たまに、筋トレしてるのかと思うほど
ずっっっしりと重いズボンや上着。
この状態で一日中遊んでいたのかと思うと笑ってしまいます。

しかも、持ち帰るとすっかりそのことは忘れてしまう
母はそれらをコソコソと処分していきます・・・。


今日、洗濯機の中のゴム部分を掃除していたら
こんなものがでてきました。

in der Waschmachine


洗う前にチェックし忘れてしまったのな?
息子にとっては宝のようなものなのかもしれません。

大事なものは自分で管理しようね。
母は・・・処分いたしますので。

ちなみに、友人はかたつむりを洗濯しちゃったそうな。
子供がズボンのポケットにかたつむりを入れてたのね。。。






ウィーン旅行 「食べる」編

ウィーンのカフェ文化。。。


Cafe Central 1
Cafe Central Wien




カフェが大好きな私達家族には、カフェめぐりも楽しみのひとつでした。



Cafe Central 2


Cafe Cental 3




ウィーン名物のザッハトルテやウィーン風カツレツ(Wiener Schnitzel)、
日本名は分からないけどクレープ入りスープ(Frittatensuppe)に
サクサクもちもちパンケーキ(Kaiserschmarren)。

私の大好きなものばかり


Kaiserschmarren
Kaiserschmarren(サクサクもちもちパンケーキ)

Wienerschnitzel
Wienerschnitzel(ウィーン風カツレツ)



どれもこれも、と~ってもおいしかったです。


同様にカフェ文化を持つパリと比較すると、
パリはより洗練されたイメージ、ウィーンはよりクラシカルなイメージ
といった感じでしょうか。。。(個人的な経験からの感想です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。